フィルム

重要なのは機能

迅速なラミネート加工を望んでいるのであれば、自社に機器を導入するのが一番です。より綺麗な仕上がりを期待するには、高性能のラミネーターを選ぶと良いでしょう。また、フィルム詰まりには注意が必要です。

インク

賢く複合機を利用する

京セラは大手の複合機を製造するメーカーでもあり、京セラの複合機は広く利用されている。これらの複合機を活用する場合、トナーが必要となるが、利用時には純正のものの活用が最も良い。京セラのリサイクルトナーの活用で、コスト削減できる。

簡単エコなコスト節減

インキ

印刷コスト節減の名案

オフィスで毎日使われるOA機器と言えばPC、そしてプリンタではないでしょうか。それだけにプリンタにかかるコストはOA機器にかかるコストの中でも大きなものです。では、プリンタの何にコストがかかるのでしょうか。それはトナーです。印刷するたびに紙の上に字や絵を描く、トナーが高価なのです。プリンタを売る側にとっては本体を安く売ってトナーで儲けるビジネスは嬉しいものですが、使う側にとって積み重なるランニングコストは頭痛の種です。そのコストを節減する方法の一つが、リサイクルトナーです。リサイクルトナーは純正トナーの容器をリサイクルし、リサイクル専門の会社が中身のトナーを再充填して販売しているものです。リサイクルトナーのメリットはなんと言ってもコスト、安い価格でしょう。圧倒的なコストパフォーマンスです。純正品と比べて10分の1以下の価格の製品もあるほどです。リサイクルトナーが安い理由は、プリンタメーカー純正と異なり、トナーの販売でプリンタの研究開発費を得る必要がないからと言われています。リサイクルトナーは現在、品質面でも安心できるものとなりました。製造工場はISO9000シリーズ等、厳しい品質基準を満たしたところも多くあります。不具合発生率も過去に比べ改善されており、安かろう悪かろうの製品ではなくなっています。しかし不具合率が純正に比べ僅かに高いのも事実です。しかしそこは非常に手厚い保障がカバーしてくれます。トナー自体の永久保障の他、印字品質に不満な際の返金保障がされているのです。またリサイクルトナーが原因でプリンタが壊れた場合に対する故障修理代金補償等、安心して使える保障を整えているリサイクルトナーも多く存在します。

コピー機

導入費用の低減に効果的

コピー機をリースとして導入するメリットは、購入に比べコストを低く抑えられることが出来ます。月々に支払うリース料金は定額なので、コストの把握も容易ですし、最新機種が使用できると言ったメリットもあります。