導入費用の低減に効果的

コピー機

月々のコストが明確

コピー機をリースで導入するメリットは、何と言っても初期導入費用を抑えられることです。機種にもよりますが、購入するとなると高額な出費が伴います。少しでも購入費用を抑えようとするあまり、本来なら使うべき上位機種を選択せず、下位機種を選択するということも考えられる話です。リースにすることで、大きな出費が回避されますし、業務に合った正しい機種の選択も可能になります。独立開業する際などは、少しでも費用は抑えたいものですし、多くの営業拠点を持つ企業にとっては、コピー機は業務に不可欠なものとは言え、やはり導入コスト低減は図りたいところです。そういった対象には大きなメリットをもたらしてくれると言えます。月々のリース料はほぼ一定ですので、ランニングコストの把握も容易になります。結ぶ契約形態にもよりますが、コピー機のカウンター料金の中に、トナー代金や保守料が含まれる場合もあるので、そういう契約形態を選択することで、さらにコスト把握は容易となることでしょう。リースということは、コピー機の所有者はリースを結んだ会社になります。よって、減価償却も発生しません。減価償却には煩雑な計算や事務処理が伴う場合もありますが、リースにすることで、月々決まった費用を支払うだけで利用できるのです。そういった事務処理が発生しないこともメリットと言えると思います。リースは新品でも可能ですので、最新機種を月々決まった料金で使用できることもメリットと言えるでしょう。