賢く複合機を利用する

インク

OA機器の中でも企業において欠かすことのできない機器として、複合機がある。複合機は、パソコンで作成した資料のプリントアウトやコピー、FAX送信など様々な場面で利用される機器であり欠かすことができない。これらの複合機において、必要な消耗品としてあるのがトナーである。トナーは、複合機でコピーやプリントアウトする際のインクを格納したものであり、トナーが無ければ複合機を活用することができない。これらの複合機およびトナーの販売や製造を行うメーカーにはいくつかの会社があるが、その1つとしてあるのが京セラである。京セラは大手の電気機器や通信機器などを製造するメーカーであり、国内でも代表するメーカーである。京セラの複合機を利用する場合には、京セラ純正のトナーを活用することが最も良いとされている。トナーでは、他社が製造したものを活用することができ、料金も安いことから利用が増えている。しかし、他社製のトナーの場合には機器と合わない場合や、印刷品質が落ちるなどがあるケースもある。その為、品質や機器トラブルを防止するためには純正トナーの活用が最も良い。また、京セラではトナーのリサイクルも行われている。リサイクルトナーでは、内部のインクのみを交換するなどにより、再度利用できるものである。純正のものであれば、リサイクル品でも品質などに問題は無いため、これらのリサイクル品を活用することでコストを下げることができる。